自宅の花壇が白蟻を招く【駆除業者に任せて安心】

白蟻のリスクを増やすガーデニング~室外で巣を作る白蟻~

花壇に白蟻が住み着く原因~早めの対処が必要~

庭

白蟻が住み着きやすい家には特徴があります。その1つが家の敷地に花壇があるかどうかです。花や植木のためにも早めに適切な駆除方法で対処しましょう。

室外での白蟻発生

植木
白蟻は地中からエサとなる木を目指して移動します。家の外で植木を育てている場合、その植木をエサにするべく白蟻が家に近づくことがあるため、注意が必要です。
庭木
自然界での白蟻の住処は、枯れた木や倒木です。そのため、自宅で育てている庭木が枯れたり倒れてしまったりした場合や、または病気になっている時などは白蟻が住み着きやすくなります。
植木や庭木、花などを育てる庭は、白蟻にとって格好の住処となります。白蟻は土の中を伝って移動するため、セメントなどで固められていない庭は白蟻が直接地表に現れることができます。特にガーデニングを行なっている庭は、木製の柵や添え木など白蟻にとってエサになりうるものが無数にあるため、注意が必要となります。

花壇の白蟻被害

花壇にたくさんの白蟻が…(30代/女性)

白蟻といえば、家の中に住み着く虫だというイメージがありましたが、私が発見したのは建物ではなく花壇です。鳥や猫の侵入を防ぐネットを取り付けるため、花壇の周りに木製の柱を立てていたのですが、ある日その柱にたくさんの白蟻が住み着いているのを目撃して非常に驚きました。ガーデニングは毎日行なう趣味なのですが、このままでは白蟻が気になって作業に集中できません。

まとめ

白蟻の被害から家を守るためには、家そのものに気を配るだけでなく、周囲の庭なども注意しなければなりません。普段から自宅でガーデニングを行なっている人は、周囲に白蟻の巣がないかこまめにチェックしましょう。自分でもできる対策を実施することも大事です。

シロアリ駆除で被害を最小限に

白蟻の巣を放置すると、どんどん巣の勢力が拡大し、それに伴う被害も大きくなってしまいます。被害の深刻化を防ぐために、巣を見つけたらすぐに白蟻駆除の専門家に相談しましょう。業者に依頼すれば、ベイト工法で白蟻駆除を実施することも可能です。

3つの安心

どの駆除業者が地元に対応してくれるかがわかりません。
地元で活動している駆除業者を調べる場合、地域の業者の電話番号を明記している電話帳などを調べることで見つけることができます。また、ネットを使って住んでいる地域の情報を調べることで、地元で活動をしている業者を見つけることもできるでしょう。他にも、有名な駆除業者であれば、全国に営業所を設けている場合もあります。業者によっては、24時間対応で依頼や相談を受け付けていることがあるため、すぐに現場まで駆けつけてくれます。
自宅で白蟻のような虫を見かけたのですが、家に住み着かれていると判断できますか?
白蟻はコロニーを増やすために、春から夏に掛けて群飛と呼ばれる行動を行ないます。この時期になると巣から羽を生やした白蟻が一斉に飛び立つわけですが、多くの白蟻は光に集まる習性があるため、稀に巣のない場所にも白蟻が現れることがあります。1匹2匹の白蟻を見かけたからといって、即白蟻の巣があると判断することはできませんが、念のために白蟻の巣がないか調べたいという人も多いでしょう。白蟻の巣の有無を確かめたい場合、駆除業者に依頼するとよいでしょう。無料点検サービスによって、費用の負担なく巣の調査を行なってくれます。
駆除には高いお金が掛かると聞きました・・・
実際に家や花壇などに巣がある場合、巣の白蟻の駆除と、再発防止用の施工を徹底して行なうため、決して安くない費用が掛かります。しかし、放置すれば大切なご自宅を失うことになりかねないため、最終的な損害額を鑑みれば駆除費用の方が安く済むでしょう。駆除の費用は、白蟻の種類や巣の規模、駆除の方法によって変わります。また、業者によって設定価格も異なるため、費用について知りたい場合は駆除業者に査定依頼を行なうとよいでしょう。

まとめ

白蟻の巣の調査や駆除は、個人で行なうのは難しいものです。もしも白蟻を見かけた場合や、巣のようなものを見つけた場合、迷わず駆除業者に依頼しましょう。

TOPボタン