花壇に現れた白蟻への施工~ベイト工法とバリア工法の違い~

白蟻のリスクを増やすガーデニング~室外で巣を作る白蟻~ 白蟻のリスクを増やすガーデニング~室外で巣を作る白蟻~

工法別のメリット・デメリット~安全に花壇の白蟻を駆除する~

男女

白蟻駆除の業者は、家に住み着く白蟻を2つの工法を用いて退治します。花壇に白蟻が住み着いた場合、安全に駆除をするにはどの工法が最適なのでしょうか。それぞれのメリットやデメリットを説明します。

工法別のメリットとデメリット

バリア工法について教えてください
バリア工法とは、薬剤を白蟻の巣や巣の周辺へと散布して白蟻を駆除する方法です。白蟻駆除において最もスタンダードな工法ですね。直接専用の殺虫剤を白蟻に吹きかける方法なので、巣の白蟻の絶対数を即座に減らせるという即効性がメリットです。費用も安いので、なるべく駆除の費用を抑えたいとする人にオススメの施工方法です。デメリットは殺虫剤を使用するため、どうしても家に薬剤の臭いがついてしまうことでしょう。臭いに敏感な人、または殺虫剤にアレルギーがある人、小さい子供やペットのいる家庭は駆除後に換気をしっかりとしておきましょう。
ベイト工法ではどんな方法で白蟻を駆除しますか?
ベイト工法というのは、近年現れた白蟻の駆除方法です。地中にベイト剤と呼ばれる毒のエサを埋め込み、白蟻に食べさせることで駆除ができます。白蟻は通常の蟻同様、エサを見つけると巣へと運び込む習性があります。ベイト剤を埋め込むことで、巣全体へベイト剤の効果を及ぼし、巣ごと全滅させることができます。メリットはバリア工法のように臭いやアレルギーなどの問題がないことです。デメリットはバリア工法に比べて費用が高いこと。さらに、巣を全滅させることが目的で使用される工法であるため、効果が出るまで時間が掛かるということが挙げられます。

まとめ

バリア工法とベイト工法は、目的に合わせて選ぶことができます。白蟻を直接殺虫するべきか、巣ごと全滅させるべきか、どちらにするべきかを考えて選びましょう。白蟻駆除の業者は、白蟻による被害や巣の状況から、どの工法が最適かを調べます。どの工法がよいかわからない場合は、駆除の業者に尋ねてみるとよいでしょう。

花壇でのシロアリ駆除ならベイト工法がオススメ

花壇に白蟻が巣を作ってしまった場合、最もオススメできるのはベイト工法でしょう。バリア工法で用いられる殺虫剤は、草木に悪影響を与える可能性があります。また、小さい子供やペットのいる家庭ですと、花壇の周りで遊ぶことで、殺虫剤による健康被害が現れる可能性もあります。ベイト工法は殺虫剤を使用せず、白蟻のみに影響を与える工法です。大切な花壇の植物や家族を守りたいと考えているならば、ベイト工法が最適といえるでしょう。

TOPボタン